外壁塗装・屋根塗装

  • BEFOR

  • AFTER

■外壁や屋根の塗り替えを怠ると…

1.防水効果の低下
塗装は建物に色を付けるだけではなく、塗膜で雨や紫外線から建物を保護するという役目もあります。
塗装が劣化し、その効果(塗膜)が無くなってしまうと、雨などの水分がどんどん建物内に浸入してしまいます。

2.ひび割れが起きる
コーキングと呼ばれる目地材が日に焼けて劣化し、痩せてくると、外壁にひび割れが見られるようになります。
これは気温や湿度によって外壁が伸縮したときにできる“歪み”を、目地部分が緩和できなくなるためです。
負荷に耐えられなくなると、外壁や屋根は徐々に反り始め、ひび割れはより深く、広範囲に拡大していきます。

3.内部の劣化
外壁にひび割れができると、水分が建物の躯体内部に浸入し、外壁内部・木材部分の腐食が始まります。
そうなると、雨漏りや湿気を含んだ木が好きなシロアリを呼び寄せてしまう原因にもなります。

外壁・屋根塗装の寿命はおよそ10年程度と言われています。
お住まいに雨漏りやシロアリが発生してからですと、劣化がかなり進行していることになるので、その分費用も高額になってしまいます。
長期的なリフォームのコストを抑えるという意味でも、定期的な屋根や外壁の点検を行いましょう。

【電話番号】090-3318-5491
※営業電話お断りいたします
【FAX】048-269-8302
【営業時間】9:00~19:00 定休日:日曜日
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】川口市を中心に埼玉県南部、東京北部エリアにお伺い

一覧ページに戻る